小さな日記
マイ プラチナ~♪
神宮大会出場権 GET !
秋の高校野球…東海大会
秋の神宮大会の出場権をかけて・・・
愛知県3位 至学館高校と対戦。
結果は・・・
IMG_20161030_120733.jpg
2年ぶりの東海チャンピオン!
秋の神宮大会出場権獲得!
   V(^0^)
IMG_20161030_120751.jpg
IMG_20161030_124321.jpg
全国から応援に駆け付けた同期と・・・
14856196_10211613412437410_4627838008123714481_o.jpg
\(^o^)/バンザーイ!!  

  ***と 日記には書いておこう!!

センバツ出場権 GET!
秋の高校野球…東海大会
来春の甲子園 センバツの出場権をかけて・・・
三重県3位 三重高校と対戦。
結果は・・・
IMG_20161029_115624.jpg
センバツ・・・決定~ッ!!
全国から駆けつけた同期で祝勝会!
20161029.jpg

( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ―イ

  ***と 日記には書いておこう!!

山と渓谷 11月号
  img107.jpg
<クリックすると大きくなります>

最近 年齢を感じることがあり
ちょっと考えちゃうな・・・・

   ***と 日記には書いておこう!

赤岳 2899m ・・・(4回目)
14日(金)22時 自宅を出発。
15日(土)0時30分 美濃戸の赤岳山荘の駐車場に到着。(標高1700m)
駐車場の空きスペースは3割程だった。 朝 5時に起きると既に満車状態。
久々の好天予報の週末に 登山者が多そうだ。

6時に駐車場を出発。
無人小屋になった(?)美濃戸山荘のチップトイレに立ち寄ると・・・
ウォシュレットになっていて ビックリポン!
DSCN1350.jpg
ここからの登山道・・・今日はワイフも頑張って 先行者を追い越しながら登って行く。
南沢に沿って八ヶ岳らしい原生林の中を登って行く。
DSCN1351.jpg
7時47分 行者小屋(2350m)に到着。 気温は0℃・・・けっこう寒い! 
阿弥陀岳のピークに朝陽が当たり キレイに輝いていた。
DSCN1353.jpg
さて いよいよ ここから赤岳を目指し森林限界を超える登りとなる。
小休止後 気合を入れて・・・
8時 赤岳目指し 文三郎道を登り始める。
登り初めの日陰には霜柱が・・・
DSCN1359.jpg
この文三郎道は 今までは 長い急なエキスパンドメタルの金網階段が続いていてキツイ登りだったが
今回 金網階段は取り掛かりだけで あとは登りやすい階段に整備されていて
中岳からの登山道との合流点まで 以前より楽に登れた気がする。
合流点で眺望を堪能しつつ小休止・・・南ア・中ア・北ア 今日は眺望バツグン!
ここから赤岳頂上までは・・・岩場の登り・・・V(^0^)

9時18分 赤岳(2899m)山頂に到着!
DSCN1368.jpg
今日の山頂 晴天無風・・・暖かく眺望バツグン! 多くの登山客で山頂標識での記念撮影の順番待ち。
東に富士山・・・・
DSCN1367.jpg
南には 仙丈ヶ岳・甲斐駒ケ岳・北岳・間ノ岳・農鳥岳・鳳凰三山
西に目を向けると 木曽駒ケ岳・宝剣岳~空木岳
そして・・・御嶽山・乗鞍岳から北アルプス
DSCN1372.jpg
槍穂連峰
DSCN1374.jpg
そして・・・立山・劔岳  鹿島槍ヶ岳~白馬連峰
DSCN1375.jpg
もちろん・・・その手前には北へ延びる八ヶ岳の山群
南峰も北峰もあまりにも人が多いので 名残惜しいが・・・
9時45分 赤岳の北側斜面を赤岳天望荘へ下る。
DSCN1392.jpg
<↑ ↑ 天望荘から 赤岳を見上げる・・・>

地蔵尾根分岐で このまま横岳~硫黄岳と八ツの主稜線を縦走し 赤岩の頭から赤岳鉱泉を経て
北沢沿いの登山道を美濃戸に下ろうかとも考えたが 
稜線上に あまりにも人が多く ちょっとウンザリ
ここの分岐から行者小屋へ下ることにした。
このコースも 以前までの急な鉄階段の連続ではなくなっていた。

行者小屋で昼食・・・
いつものようにインスタントラーメンとコーヒーだけど
今日は ラーメンの具が ちょっと豪華。  V(^0^)
DSCN1397.jpg
DSCN1400.jpg

12時57分 無事 美濃戸に帰還。

原村の「樅の湯」に立ち寄り 汗を流して帰路につく。

いい休日だった!   o(^ー^)o

   


プロフィール

ROCKY

Author:ROCKY
(゜-^*)ノちーす!
ROCKYです。
ケイタイで撮った写真を使って
小さな日記を作ってみました・・・。



最近のコメント



月別アーカイブ



時計



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する